seo

SEO

ローカライズ|webコンサルティングブログ

大阪で一番SEO対策に強いスリードットがお届けするブログです。WEB上にまつわる事はもちろん、その他有益な最新情報をお届けします。

検索順位結果

先生方の最重要キーワードとして「エリア+診療科目」だけは、最低限でもファーストページに表示させるぐらいまでは対策をしておきたいものです。しかしながら、今のGoogleアルゴリズムでは、検索するユーザーが位置する場所によって検索結果に異なりがあります。今いるエリアを中心とした情報が上位に表示されるようになっています。となると、ここで考えたいのは、どのような対策が求められるのか?という事でしょう。

あくまでもエリア重視

ユーザーがいるエリアによって情報が異なるといっても、やはり対策すべきキーワードとしては「エリア+診療科目」に違いありません。まず医院界隈で検索するユーザーに関しては、放っておいても上位表示される事が考えられます。逆に医院から遠いユーザーがエリア名を入れて検索するという事は、そのエリアでの医院を探している訳ですから、やはり「エリア+診療科目」のエリアを重要視して対応する事になります。

エリアを明確に示す

エリアを重要視というと、何をどう対策するのか?以前のブログ記事でも記しましたが、ただ単にエリア名を入れたら良いという事ではありません。しっかりとGoogleに示す事が必要です。今のGoogleのアルゴリズムでは、今いるエリア情報を優先するという事ですから、しっかりとGoogleに伝えてやらなければなりません。その際に意識すべき事は、並列ではなく、縦列の関係です。

最後に

常に変化するアルゴリズムに、即座に対応する事は理想ですが、まずはその変化に気付く事が重要です。

〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-7-4 谷町スリースリーズビル2F