hotel-consulting

ホテル・旅館コンサルティング

集客システム構築コンサルティング

こんな施設様におすすめ

  • ネットエージェントに依存状態
  • 公式サイトはあるが、集客システムとしては弱い・機能していない
  • 差別化要素がなく、訴求ポイントが価格のみ
  • 他のコンサルにお願いしているが、費用だけかかって結果が出てない

など…。
スリードットでは、他業種では当たり前に実践されているWEBマーケティングノウハウを、ホテル・旅館用にアレンジ。他社に依存しない、社内で完結できる集客システム構築を目指します。

現状のホテル・旅館業界

昨今のコロナ禍とは関係なく、それ以前から装置産業として待ちの営業スタイルから抜け出せていない施設様が多いのではないでしょうか?
売上が上がっても、その要因は外的需要に左右された結果であり、いわゆるたまたまの域を出ない。
やってるつもり!何をやれば良いのかわからない!から抜け出す必要があります。

打ち手がないのが本音…

 

そんな状況を打破するためにも!

異業種では当然のように取り入れられているWEBマーケティングを!

想定されるアクション

SEO対策

ホテル・旅館には必ずと言って良い程存在する公式サイトを、商圏エリア内で上位表示する必要があります。例えば、『大阪+ホテル』と検索をすると、現時点ではじゃらんnet、楽天トラベル、一休、といったポータルサイトばかり表示されます。ホテルの公式サイトとして最も上位に表示される事、少なくとも最初のページに表示されることで、必然的に価値が高いものとして認知されます。

MEO対策

ホテルや旅館といった、店舗ビジネスにおいては必須の対策です。商圏エリア内で、『ホテル』と検索すると、エリア内の様々なホテルが表示されます。ここには上記で述べたポータルサイトの表示はありません。ライバルとなるのは、自社とカテゴリの違うホテルを含めて全宿泊施設となります。ここで勝ち切ることが出来れば、検索結果画面上では広告の次に表示され、非常に高い認知度アップが期待できます。現状では大手ビジネスホテルチェーン程度しか、MEO対策を施している施設は見受けられません。先手必勝の対策の一つです。

ポジショニングメディア対策

(↑クリックすると詳細ページへリンクします。)
強みや他社との差別化要因をより訴求するために、別サイトにてNo1の地位を確立する必要があります。今や、ホテルの魅力は公式サイトだけでは伝えきれません。さらに公式サイトは予約システムとしての機能を重視することもあり、なかなかホテルで体験できることの価値を充分に伝えることは困難です。そこで、これまではポータルサイト等の別のメディアページに掲載を依頼する形を取ってきましたが、となると表現の制限等もあり、意図する内容を100%満たすものを制作することは不可能に近い状態でした。そこで次なる手として考えられているのが、別メディアの立ち上げです。別業界ではコンテンツマーケティングとしてかなり以前から取り入れられてきた手法ですが、ホテル業界ではまだ広がりを見せていません。自社が自然と優位になる訴求、資産性があり年月の経過とともに価値が上がる、そんなメディア構築が必須となります。

LINE公式アカウント対策

リピーターとの繋がり強化のためにはLINE公式アカウントが有効です。定期的な情報発信、LINEのみの限定情報等で、他予約サイトからの予約ではなく、直接予約への移行を促します。収支構造改善のためにも、極力予約サイトからの予約比率を下げて、公式サイトからの予約率を高めることが重要です。

コンサルティング内容

  1. SWOT分析によるポジショニングの再確認
    • 自社のポジショニングを明確化
    • サイトの訴求ポイントのズレを修正
    • ポータルサイト等への魅せ方を修正
  2. ベース戦略から実践
    • SEO、MEOをベースとしながら、サイト内の導線改善
    • ポジショニングメディア構築プランニング
  3. 役割分担
    • 社内でしか対応できないもの、アウトソースできるもの、に分けてアクションプランに落とし込み
  4. 効果検証
    • サイト分析のよる効果検証
    • 実際のお客様のアンケート調査による効果検証

弊社のコンサルティングスタイルは、柔軟な対応です。規模感、課題感のよっても、スタイルは変化しますので、まずはご契約の前に、現状をお聞かせいただくところからスタート致します。

ホテル・旅館コンサルティングに関するよくある質問

8割以上がポータルサイトからの予約ですが、それでも自社の公式サイトを強化する必要がありますか?
もちろんです。収支構造を考えると、基本的には公式サイトからの比率を高めることが重要になります。また対策手段としては、公式サイトへの方がやれる事が多く、差別化もし易いケースが多く見受けられます。特に小規模ホテル・旅館への影響は大きくなります。しっかりと公式サイトへ流入させ、予約へ繋げる導線の確保が重要となります。
特にこれといった差別化要因がなく、訴求できるものもないのすが大丈夫でしょうか?
無ければ作るまでです!往々にして皆様が当たり前と捉えているものが、ユーザーにとっては有益なコンテンツであることが多くあります。さらに、コンテンツは1つである必要はありません。複数個走らせておいて、ハマったものを採用していく形で良いと考えております。どんどん打ち出し、カテゴリで1位のポジションを確立できると、資産性の高いコンテンツとなります。
低価格帯の施設ですが、価格訴求からの脱却は可能でしょうか?
もちろん可能です。これまで積み重ねてこられたものを踏襲しつつ、ステージチェンジは可能です。オンラインとオフライン、双方でのコンテンツ制作によって、一貫性ある訴求でユーザーにアプローチします。常に期待値を超える体験をして頂くことで、必ずや単価向上に繋がります。

〒550-0001
大阪府大阪市西区土佐堀1-6-20 新栄ビル10階