for a Medical Worker

医療関係の方へ

先生へ必ず読んで頂きたいスリードットの想い

治療だけに専念できる環境を

スリードットでは、先生が治療だけに専念できる環境作りを目指しております。
治療だけに専念できる環境とは何か?その構成要素は沢山あるかと思います。経営の事、資金繰りの事、スタッフの事など諸々、ただ源泉となるのは、患者様が来院しての話です。
我々スリードットは、開業間もない先生からよくお問合せを頂きます。そのほとんどは「患者が来ない」という事に他なりません。
なぜなんでしょう?開業準備中に、時間を掛けて色々準備してきたにもかかわらず……

開業準備は間違っている

開業するにあたって、先生が決定しなければならない事は山ほどあります。不動産、図面、資金調達、そんな不慣れな事に頭がパンパンで、開業ちょっと前になってようやく内覧会の準備。そして当日をなんとかやり過ごし、チラシをバラ巻いてそれで患者様が次の日からやって来る。と思っている?

開業医専用WEB集患サービス

開業医の先生がお困りの集患対策を、一手に引き受けます。
今あるホームページや、その他サイトを活かしつつ、スリードット独自のノウハウで、新規患者数を増加させます。

開業準備期間中にすべき事は集患対策

我々スリードットが考える開業準備期間中にすべき最も大切な事は、「集患対策」です。当然ながら先生が決定しなければならない事は他にもありますが、源泉となる患者様の確保は開業準備期間から考えて当然です。
この集患対策。一言集患対策と言っても手段は多岐に渡ります。ここで集患を定義しなければなりません。

集患の定義とは?

何か対策を打って、患者様を呼び込む時代は終わりました。集患とは、先生が何もしなくても患者が来る状態を指します。先生が患者様の治療をしていても、家族サービスをしていても、ゴルフに遊びに行っていても、そう、好きな事をしている間でも、患者様が先生の事を認識し、問合せをし、来院する。これこそが集患のあるべき姿です。我々スリードットが考える集患のポイントは次の3つです。
これまで多くの先生と話をさせて頂きましたが、残念ながら、この3つをクリア出来ている方と出会った事はありません。

よくある集患の流れ

多くの先生がされている集患対策は、次の一例ような流れです。

①とりあえずホームページ制作

問合せが全然ない…

②営業が来たので集患サイトに掲載

集患を外部に依存するのはNG!
差別化要因もない

③訳もわからずリスティング広告を開始

費用が掛かり過ぎる

何がダメなのか?全部ダメです。思考を変えていかなければなりません。なぜか?患者様が変わっているからです!

スリードットの強み

スリードットには、患者様の消費選択行動に密にアプローチする手段が多数存在します。その手段を、それぞれの課題解決に合わせてプランニングする事が叶う理想の姿があります。是非一度お問合せください。
ともに課題解決に向けて、行動を起こしましょう。

実績紹介

いち早く我々スリードットと共に歩まれ、成果を出されている先生方をご紹介します。是非ご覧ください。

集患コンサルティングに関するよくある質問

今まで散々集患のために良いと言われたことはやってきたつもりですが、本当に成果出ますか?
先生方の中には経営意識が高く、積極的に情報収集され、集患対策として良いと耳にされたことをどんどん取り組まれてきた先生もいらっしゃいます。ブログを更新したり、毎日SNSを投稿したり、さらにはYouTubeチャンネルを開設したり!それら全て大切なことですが、多くの場合少しズレていることが見受けられます。なぜブログを更新するのが良いのか?SNSを投稿する目的はなんなのか?YouTubeチャンネルで何を目標としているのか?その部分が薄いことが多いようです。ほんの少しの事ですが、その少しの事を理解し、直すだけで成果は全然違うものになります。これまでの投稿等で、作業ベースの事は慣れてらっしゃる場合は、成果が出るのも早くなります!
集患対策するための担当者がいませんが、大丈夫ですか?
極力作業ベースのことは、当社内で網羅完結致しますが、やはり確認作業は先生や、院内他のスタッフの方にお願いしなければなりません。WEBマーケティングに重要なことは、如何にスピーディーにPDCAを回していくかに尽きます。となると、先生の確認作業で滞ってしまうと、成果が出るのも遅くなってきます。具体的に分かり易くお願いすることを心掛けておりますので、是非とも優先順位を上げて頂き、弊社担当コンサルタントからのリクエストには、スピーディーに対応頂ければ幸いです。
複数店舗の集患対策をお願いしたいのですが可能ですか?
多くの場合、集患対策には各店舗毎に異なる対策が必要になります。特にエリアビジネスとしての色が濃い場合は、その傾向が強くなります。複数店舗の集患対策をご依頼頂くことは嬉しい限りですが、優先順位を付けて、まずは旗艦店や経営難に陥っている店舗から順に対策をさせて頂ければと思います。

〒550-0001
大阪府大阪市西区土佐堀1-6-20 新栄ビル10階