marketing

マーケティング

コンテンツマーケティング|webコンサルティングブログ

大阪で一番SEO対策に強いスリードットがお届けするブログです。WEB上にまつわる事はもちろん、その他有益な最新情報をお届けします。

はじめに

5年程前頃からでしょうか。コンテンツマーケティングという言葉が流行りだし、数多くの企業が取り組まれてきました。医業に関しても同様に、先生ご自身が書かれたり、別途ライターにライティングさせたりしながら、一生懸命に取り組まれてきた医院も多数見受けられました。しかしながら、昨年頃から、コンテンツマーケティングの威力が薄まってきたような傾向にあるようです。これから先のコンテンツマーケティングについて、どのように対策をしていけば良いのか考えてみました。

コンテンツマーケティングの本質

勘違いされている方も多いので、改めてコンテンツマーケティングの本質について書きます。コンテンツサイトがアクセスを集めやすいから、コンテンツマーケティングが有益なのではありません。コンテンツ=有用な情報という認識でなければなりません。コンテンツ=テキスト量と捉え、ただ単純にテキストを数多くページに盛り込んだサイトなだけであれば、論外です。コンテンツマーケティングが流行りだした頃は、少なからずこのような傾向があったようですが、今は不問です。ユーザーの問題点を解消できる有益な情報である必要が必須条件です。

情報元

上記の通り、有益な情報が大前提となった今、必要とされるものとして、情報元の開示も必然的に必要になっています。どこの誰が書いたかわからないようなものはNGです。身元を明らかにし、どのような情報を持っているのかを明確に示し、情報の信憑性を示さなければなりません。

リライト

ユーザーが求めている情報に対して、ただ単に満たす情報だけでは50点です。そこから先に、今まだ気付いていない問題点に気付かせるような投げかけが必要です。ここに付加価値があります。テキストをダラダラと書いているページが多く見受けられますが、読み進めていく内に、新たな情報に気付く!このようなページは、一気読みしてしまうようになります。この点が、ほとんど出来ていない!ここでポイントがあります!これからライティングする記事はもちろんですが、これまでにライティングしたページのリライトがおススメです。しっかりと、過去の記事を読み返し、情報を更新したり、追加する事で、そのページの価値が高まるケースもあります。

最後に

ライティングは中々大変なものですが、最初から100点を目指す必要はありません。常にリライトを意識して、改善を加えて徐々に得点を高めていきましょう。

〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-7-4 谷町スリースリーズビル2F